PEACH LIFE RISPECT

看護師の悩みを解決する情報を中心に公開していきます!

看護師の方の多くは毎日の多忙な業務に追われながら、看護師としての自身の在り方に関して多くの悩みを抱えていると思います。私自身がそうでした。

 

 

患者様の看護の時間を大切にしたいのに、書類業務や雑務が多く、他部署との連携を図ることも多くなり、看護師としてこのままでいいのかと悩んだことが何回もあります。
多忙な毎日に追われていると、心に余裕がなくなり、自身が大切にしたかった患者様との看護業務に関しても雑さが出始め、人当たりも悪くなっていったように感じています。
ですから看護師として患者様に何かしてあげたかった初心の心を忘れないでほしいのです。

 

そんな看護師を応援するために、少しでも看護師の悩みを解決する情報を公開していきます。

 

看護記録の必要性とは

私が一番手間に感じていたのは看護記録です。もちろん他部署との情報共有や他の看護師に情報を伝達するために必要な業務だと感じています。

 

看護記録を円滑に進めていくには、患者様に行った看護業務を一つ一つ情報をまとめながら業務を行うことが必要です。

 

看護記録の基本は、自身が行った看護実践の一連の過程を記録するものです。

 

患者様にどのような看護ケアを行ったのか、患者様の状態の変化や病状をきちんと自身の言葉で表現することが必要です。

 

また、看護ケアを行ってみてどうだったのか、患者様に生じた問題や必要となるケアが新たにないのかを考えて記載しましょう。

 

 

こういった情報をまとめていくことで、患者様に対する看護業務が的確なのかを再評価を繰り返し、ケアの質の向上を高めながら、必要な際は他部署との情報交換を行うといいでしょう。

 

 

 

手書きのカルテの際は、自身が読むためだけのものではないので、読みやすい字である程度決められた書式の書き方を参考に具体的に表記していきましょう。

 

看護師として今の職場に悩みを感じているなら

今の職場で自身の思い描いていた看護師としての仕事がこなせていないように感じていませんか?

 

 

私自身もそういった時期がありました。看護師としてこの職場で仕事をこなしていて大丈夫なのだろうか、きちんと看護師としてスキルアップを図れているのかなど悩みは尽きませんでした。

 

 

 

しかし、このことを職場の先輩に相談した時に、隣の芝は青く見えるものだと教えられました。看護師として自身がどうしたいのかを明確に、スキルアップを図るのも、現状の自分を変えるのも自分なのだと教えてくださいました。

 

 

 

まずは、今の環境で自身で行える業務をきちんと的確に行えるようにしましょう。その上で、自身がやりたいことができるような環境に変えることができないか検討しましょう。できないのであれば職場探しの際の希望条件として求人を探してみるのも一つの手です。

 

 

 

いまでは看護師求人サイトが注目を浴びており、豊富な求人数とコンサルタントによるサポートで自身の求めている希望条件の求人を探すのが非常に楽になりました。

 

 

一度コンサルタントに相談をしてみるだけでも他の施設のことを教えてくれるので、情報収集にもなりますし、いい経験になるかと思いますよ。

 

 

鏡を見るたびに気になるニキビ

毎日出来るニキビに悩み、どうしてニキビが出来るのか調べてみました。私も>あごにきびで悩んでいるんで切実に調べました。

 

外部の感想や刺激、ホルモンバランスの崩れ、ストレスなど色々な状況が組み合わさるのですが、そのせいで表皮の角質層の角質が分厚くなってしまうのです。

 

 

確かに私の顎周辺は肌がカチカチな気がします。きっと角質層が分厚くなっているのでしょう。

 

 

毛穴の出口が封鎖されているのもなるほどという感じです。閉じた毛穴の内側に皮脂がどんどん溜まっていき、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。

 

 

この際、上手に芯だけをプチュッと押し出せれば、炎症が治まりニキビが治ることもあります。ニキビ跡も出来ず万々歳です。間違っても爪などで引っ掻いて芯を出さないで下さい、かえって雑菌が繁殖する環境下を作ってしまう事になりますから。

 

 

 

やはり皮膚科や薬局で専用の器具を購入するのが良いと思います。私は良く指でニキビを押し出そうとし、何度も失敗しています。失敗するとどうなるか・・ニキビ跡が残ります。やれやれです。

 

 

さて毛穴に皮脂が詰まると、その詰まった皮脂をエサに「アクネ菌」が増殖します。

 

 

そして毛穴が炎症を起こし「赤ニキビ」へと発展してしまいます。私の顎にも赤ニキビがあるのですが、はっきりと目で見て分かるので恥ずかしいです。この段階で終ればまだ良いものの、赤ニキビが悪化して膿を持つと「黄ニキビ」になります。

 

 

しかも黄ニキビで終了ではなく、この黄ニキビが悪化してしまう場合もあるそうです。私は黄ニキビまでしか経験した事がないのですが、黄ニキビが悪化すると、ニキビの土台となっている毛穴が破壊されてしまうのだとか(!)毛穴が壊れると、その壊れた毛穴の周りにある毛穴にも炎症が広がります。

 

 

 

そして、いくつかの毛穴にまたがったような大きなニキビになってしまうそうです。この様な状態を見たことはないですが、きっとこのニキビが治るとクレーターになるのだと思います。肌が凹んでしまうのです。ニキビ、恐るべし・・この世から根絶してやりたいです。

 

風俗の性病対策

昔に比べて風俗は感染対策をしているから安心なんてことを書いているブログを拝見しましたが、実際に対策をしているから絶対に安心なんて言いきれるのでしょうか?答えはノーです。

 

 

確かに昔は消毒などもたいしてしっかりしていなかったですし、今よりも不衛生だったのは事実です。

 

 

感染しているかどうかの検査も行っていないお店が多かったでしょう。今では、消毒などの衛生面も良くなっており、性病検査も定期的に行っている店が多いですし、その対策を謳っているお店も多いです。ですが、これで性病対策をしているから感染しないかと言うとそんなわけはありません。

 

 

まず、お店が衛生対策や性病検査を言葉通りにちゃんと行っているかどうかは不明ですし、なにより風俗嬢は一日に何人もの人を相手にしているわけで、その中のうちで一人でも性病を持っていれば、風俗嬢はもちろん、お客全てが感染する可能性が出てくるわけです。

 

 

 

これはどれだけ対策をしようが、不特定多数の人を相手にする風俗嬢から接客を受ける時点で避けようがないわけです。こういった事実をしっかりと認識した上で風俗へ行かなければいけないでしょう。風俗にく人のほとんどがこの実態をたいして認識もしないままいってしまうため、性病の感染がなくならないのです。

 

 

 

性病の感染経路やその感染力などを知っていると風俗へ行くことが恐ろしくなりますよ。恐ろしいのは、感染した自分自身はまだしも、妻や彼女、はては子供等なにも罪のない人にまで感染させてしまうことなのです。自分自身が被害をこうむるならまだしも、この被害を他の人にまで拡大させてしまうことをちゃんと認識しておく必要があります。

 

 

 

彼女や妻が不妊になってしまったり、母体感染してしまうことによって体内の子供にまで影響してしまうのですよ。ひどいと重篤な症状になってしまうこともあるんです。最悪の場合はなくなってしまうこともあるんです。

 

 

 

こういった事実をたいして考えもせずに安易に風俗へ行くことは辞めた方が良いと思います。どれだけ店や風俗嬢がたいさくをしていたからといっても無駄です。この事実をしっかり知った上で、それでも構わないという人は風俗へ行ってもいいでしょう。彼女や家庭を持っている人はよくよく考えてから行くことをおススメします。